「NLPの考え方を活用して転職活動を行ったことで、希望していた業種でやりたい仕事が出来る会社への転職に成功しました。」岡三アセットマネジメント株式会社
今岡克様

NLPを知ったきっかけと興味を持ったきっかけは?

そもそもぼく自身が、前から人生においては知識・人徳・身体のバランスが大事だと思っていました。
以前別のスクールで代表の三宅さんにお世話になり、その後「そういえば何やってるんだろう」と気になって調べたら、
シナジープラスを創業されていたのです。

これまで「知識」の勉強はしてきたのですが、「徳」や「脳」の部分は掘り下げたことが無かったし、
自分も得意ではなかったから、学ぼうと。

セミナーに参加することへの不安は何かありましたか?

その時は無気力な状態だった。顔に出てたかもしれませんが(笑)。

(シナジープラスの)ホームページに「脳を最適化する」という話がありました、
最初から上手くできる人は、そのままで良いけど、
そうではない人は、上手くやっている人の脳の使い方や考え方を体系化して、
自分の脳に最適化して入れられれば、自分も良いパターンでいけるのでは、と思いました。
特に不安はなかったですね。

今岡さんは2日間速習NLPの受講後、希望する業界の、ご自身でやりたいと思える仕事への転職に成功しました。受講が転職の成功にどのように役立ちましたか?

そうですね。
まず、NLPの考え方を通して、以前の会社でのあまり良くなかった人間関係を
肯定的に捉えることが出来るようになりました。

人間関係を肯定的に捉えることが、のちの転職の成功にどのように役立ちましたか?

次の会社でも、良い関係を作っていけるというイメージを持ちながら転職活動ができたのが良かったです。 
肯定的に、積極的にアクションを起こせる自信につながったのを感じます。

転職活動って大変ですよね。落ちたりして、つらい思いをすると思うのですが、そんな中で、どうやってメンタルを保つことが出来たのですか?
今岡克様 写真

いくつも落ちたし、社長面接で落ちたこともありましたが、
その時は失敗したことでも、後からその出来事を肯定的に捉える、
という考え方勉強していたから。役に立ちました。

また、セミナーで学んだ「ビジョン策定」のスキルも役に立ちました。
これまで論理的、左脳的に考え過ぎていたことを、自分の感情や感覚、
イメージなど右脳的な発想を意識するようにしました。
そのおかげで、ワクワクしながら転職活動が行えました。

今の会社で働いていて、人間関係のスタンスはどうですか?

6人の部署なのですが、私の考え方が変化したのか、とても調和のとれた部署のように感じます。
それぞれの人たちが独自の強みを持っていて、とても勉強になります。以前の職場では考えられない事ですね。

このNLPの学びを強引(笑)に金額換算するとおいくらくらいでしょう?

いやー。どうでしょう。生涯年収で換算するとすごいですね。

卑近な例でいうと、3億円の宝くじに当たったくらいですかね。
3億ではおさまらないかもしれませんが・・・。

今岡克様 様写真

電車で言うと、あっちの線路かこっちの線路かを選ぶ分岐点で、
良い線路に舵を切ってもらえたというか。

これまでは、潜在的に、無意識的にすごく自分の行動や考えを制限して
いました。それを解き放つワークがたくさんあったことがとても収穫です。

自分だけではなく参加者たちがみるみる変化していくのを見て、「自分も変わってるんじゃないか?」と思えましたし。

どもりも無くなりましたね。半年前と完全に別人になられた印象ですが。

内面的な変化としてNLPを受講して自分に自信がついてきたことと、言語聴覚士の元でどもりを治す方法を学び、
その相乗効果で、みるみるどもりも治ってきました。

話がずれるかもしれないんですが、英語の音読も良くなったんです。
以前はどもりの影響で英語が苦痛だったけど、NLPの講義でうまく力を抜く方法を学びました。
NLPのテクニックと吃音(きつおん)と英語と、うまく回っていった。全然違いますね。(英語が)楽しくなりました。

海外に留学したい。
これまでは、お金だったり、自分の年齢を行かない理由にしていたけど、
セミナーの参加者に本当に自分がやりたかった海外留学を決断した人や、
講師の方から中国MBAの話を聴いたり、
それがアクセルになって、やはり海外に行きたいと思い改めました。

それで、今、TOEFLの勉強をしています。

今日は大変有難うございました! また引き続きNLPのテクニックを活用して、仕事も海外への挑戦もがんばってください。

講師より今岡さんについて

今岡さんは、受講中に環境も内面も大きな変化があった方です。
受講を通じて話し方までも大きく変わり、この経済状況の中、
希望の金融機関への転職も成功されました。

留学など、今後も目標を必ずや達成されると信じています。